英語でひとり言の表現<1>

みなさんは、英会話のスピーキングをどう練習していますか?

私は最近、頭の中に浮かんだことを英語でつぶやく『ひとり言英語』で練習しています。

私は以前、英語を話す場としてよく英会話カフェに行っていました。ネイティブの方と様々な話題について話すのですが、「語彙力がたりないなあ」とか、「もっと自由に話せたらなあ」など、いつも思っていました。

そこで、頭の中に浮かぶ事をすぐに英語で言える様にするには・・・とアレコレ考えた結果、『ひとり言をできるだけ英語で言ってみる』のが私に合う方法かなという結論に至りました。一人でできるし、いつでもできるし^^

今回は、私がひとり言英語でよく使っている表現をご紹介します~!

にほんブログ村 英語ブログへ


 

1. 「~してきた」

「~した」という過去形ではなく、「~してきた」という今も続いている表現方法。

〜getting 過去分詞

「飽きてきた。」
→I’m getting bored.

少しずつ慣れてきている。
→I’m getting used to it little by little .

〜getting 形容詞

「お腹すいてきた。」
→I’m getting hungry.

〜starting to 動詞原形

「だんだん分かってきた。」
→I’m starting to understand it.

 

2. 「~しなきゃ」

自分自身が何かをしないといけない時、「~しなきゃ」とつぶやく時の表現。

〜have got to

「衣替えしなきゃ。」
I’ve got to change my wardrobe for Spring.

「目薬をささなきゃ。」
I’ve gotta use eye drops.
※動詞はapplyでもいいですね。

〜need to 動詞原形

「日焼け止めを塗らなきゃ。」
I need to put some sunscreen on.
※put onの代わりに、applyも使えますね。

 

3. 「~しよう」

自分で何かをしようとする時の表現。

I’ll 動詞原形

「部屋の掃除をしよう。」
I’ll clean up my room.

「歯を磨こう。」
I’ll brush my teeth.

「前向きに考えよう!」
Think positive!

「今日も頑張ろう。」
Let’s do my (our) best again today.

 

4. 「~したい」

自分で何かをしたいと思う時につぶやく表現。

want to 動詞原形

「部屋の模様替えがしたい。」
I want to makeover my room.

「今靴を脱ぎたい。」
I wanna take my shoes off right now.

 

5. 「忘れた」

何か持ってくるのを忘れた時や、記憶から飛んでいた時の表現。

forget 〜

「イヤホンを家に忘れてきた。」
I forgot my earphones at home.

「すっかり忘れてた!」
→I totally forgot!

left 〜

「イヤホンを家に忘れてきた。」

→I left my earphones at home.

「会社に傘忘れた。」
I left my umbrella at the office.

 

6. 「~たっけ?」

記憶があいまいな時などに、つぶやく表現。

did

「どんな夢見たっけ。」
What did I dream last night.

「鍵かけたっけ?」
Did I lock the door?

 

7. 「思い出す」

「今思い出した。」
→Now I remember.
     I just remembered.

「思い出せないな。」
→I can’t remember that.

 

8.まとめ

今回のひとり言英語のフレーズ集は、どれも日常でよくつぶやくようなものかなと思います。

忘れてしまっても、何度もつぶやいていけばいつかは言い慣れてくるので、気楽にやってみるのみいいと思います♪

ひとり言英語のフレーズ<第二回目>も、使いやすい表現をピックアップしていきます~。

 

にほんブログ村 英語ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA