「しよう/したい/しなきゃ/〜になってきた/忘れた/したっけ」の英語【独り言の表現】

こんにちは、kazuです。

今回は、「〜しよう」や「〜しなきゃ」と行動しようとする時のフレーズや、「〜になってきた」という微妙な表現などを集めてみました!

又、何かを持ってくることを「忘れた」や、イマイチはっきり覚えていなくて「〜したっけ」と言う時の表現も載せています。

みなさんは、英会話のスピーキングをどう練習していますか?私は最近、頭の中に浮かんだことを英語でつぶやく『独り言英語』で練習しています。

私は以前、英語を話せる場として英会話カフェによく行っていました。ネイティブの方と様々な話題について話せて楽しいのですが、毎回「語彙力が足りないなあ」とか「もっと自由に話せたらなあ」と思っていました。

そこで、頭の中に浮かぶ事をすぐに英語で言える様にするには・・・と考えた結果、『独り言をできるだけ英語で言ってみる』のが私に合う方法かなという結論に至りました。

理由はシンプル!一人でできるし、いつでもできる、です。すぐに英語が出てくる様にするには、何度も繰り返し口に出していく練習が必要かと。相手がいなくても成り立つ「独り言」は、ちょうどいい練習材料になるのです^ ^

皆さんもよく口から出てくるフレーズもあると思いますので、言いやすいものから使ってみて下さい♫

 

にほんブログ村 英語ブログへ


1. 「~になってきた」

be動詞 +getting +形容詞

「お腹すいてきた。」
→I’m getting hungry.

表現のPOINT

be動詞 + getting +形容詞で「〜になってきた(しつつある)」等の意味。
get +形容詞で「〜の状態になる」という変化を表現。
getの代わりにbecomeが使われる事も。

「飽きてきた。」
→I’m getting bored.

表現のPOINT

boredは「退屈して」等の意味で、自分や人の感情を表す形容詞。
boringは、人/物/物事等が「退屈(にさせるよう)な」等を意味する形容詞。
I’m boringは「私は退屈な人です」等の意味になるため、注意が必要。

「そのゲームに飽きてきた。」
→I’m getting bored with the game.
 I’m getting tired of the game.

表現のPOINT

get bored with 〜で「〜に飽きる」等の意味。口語では、withの代わりにofでも。
get tired of 〜で「〜に飽きる(うんざりする)」等の意味。
tired with/ from〜では「(肉体的に)〜に疲れる」等の意味に。

「少しずつ慣れてきた。」
→I’m getting used to it little by little.

表現のPOINT

get used to +名詞/動名詞で「〜に慣れる」等の意味。
be used to +名詞/動名詞で「〜に慣れている」等の意味。
used to +動詞の原形で「以前はよく〜したものだ」等の意味。この場合、used toは助動詞。
little by littleは「少しずつ」等の意味。副詞で「徐々に」等の意味のgraduallyでも。

★穴埋めクイズに挑戦!★
「週末何しようかな。」
→I (  ) what I (  ) do this weekend.

 

答えはこちらですぐ(^^)/
【独り言の英語】 「しようかな/何を~かな/どうしたら/やっと」の表現

be動詞 +starting to +動詞の原形

「だんだん分かってきた。」
→I’m starting to understand it.

表現のPOINT

be動詞 +starting to +動詞の原形で、「〜し始めている/(する様)になってきた」等の意味。
startingの代わりに、beginningでも。
understand itの代わりに、get itでも。

現在完了形 〜

「だんだん難しくなってきた。」
→It has gradually become more difficult.

表現のPOINT

have gradually become more +形容詞で、「だんだん(より)~の状態になってきた」等のニュアンス。
※現在完了形(have +過去分詞)で、過去の時点から現在まで続いているニュアンス。
graduallyは、「徐々に」等の意味の副詞。
become difficultは「難しくなる」等の意味。

★穴埋めクイズに挑戦!★
「口内炎ができた。」
→I have a (  )(  ).

 

答えはこちらですぐ(^^)/
【体調の英語】風邪をひいた/調子が悪い/目が疲れる/花粉症/鼻水が出る/睡眠/のどの調子の表現

2. 「~しなきゃ」

have to 〜

「着替えなきゃ。」
→I have to get dressed.
    I have to get changed.
 I have to change (my) clothes.
表現のPOINT

have to〜は「〜しなければならない」等の意味。自分の意志等ではなく、外的な要因等でそれをせざるを得ない状況に置かれている、等のニュアンス。
get dressedは「着替える」や「身支度をする」等の意味。朝パジャマから着替える時などにも使います。

「衣替えしなきゃ。」
→I have to change my wardrobe seasonally.

表現のPOINT

wardrobeは「洋服ダンス」等の意味の名詞。
seasonallyは「季節的に」等の意味の副詞。for the new seasonでの表現も。

need to 〜

「日焼け止めを塗らなきゃ。」
I need to put on some sunscreen.

表現のPOINT

need to〜は「〜する必要がある」等の意味。誰かに言われたから等ではなく、自分の意志や考えでそれをする必要がある等のニュアンス。
have to〜は外的な要因等で「〜しなければならない」状況にあるニュアンス。
put on~ (put ~on)は「~を塗る」等の意味。put … on~で「~(場所)に…を塗る」の表現に。
put onの代わりにapplywearでも。
※「日焼け止め」はsunscreensunblock等で表現。

「髪を切らなきゃ。」
I need to get my hair cut.
 I need to have my hair cut.
 I need to get a haircut.

文法のPOINT

get/ have +目的語(モノ) +過去分詞
get/ have使役動詞の一つで、「〜(目的語)を(人に)…してもらう」等の意味が。
get/ have my hair cutで「髪を切ってもらう」の意味に。get a haircutの表現も。
I need a haircutの表現も。
cut my hairは「自分で髪を切る」の意味の為、注意が必要。

have got to〜

「取りに行かなきゃ。」
→I’ve got to go get it.
    I’ve gotta go get it.
    I gotta go get it.

表現のPOINT

have got tohave toのカジュアルな表現で、「〜しなければならない」等の意味。日常会話でよく使われます。
have got toの略は、have gottagottaになるに従い、よりカジュアルでインフォーマルに。(フォーマルな場や文章等には不向き)
go + 動詞の原形は口語表現で、go and getの略。

★穴埋めクイズに挑戦!★
「お昼は麺にしようかな。」
→I think I’ll (  )(  )(  ) lunch.

 

答えはこちらですぐ(^^)/
【独り言の英語】 「しようかな/何を~かな/どうしたら/やっと」の表現

3. 「~しよう」

I’ll +動詞の原形

「部屋を掃除しよう。」
I’ll clean up my room.

表現のPOINT

I will +動詞の原形
※とっさにその場で決めて「~しよう」と言う時に、意思を表すwillが使われます。
be動詞 + going toは、既に決めている事決まっている予定等に使われます。
clean upは「きれいに掃除する/片づける」等の意味。
clean (綺麗にする/ 掃除する) よりもしっかり掃除するニュアンス。

「歯を磨こう。」
I’ll brush my teeth.

表現のPOINT

brush one’s teethは「~の歯を磨く」の意味。
teethtoothの複数形。

★穴埋めクイズに挑戦!★
「尊敬する人はいますか?」
→ Do you have anyone to (  )(  )(  )?

 

答えはこちらですぐ(^^)/
【質問の英語】「何/ありますか/どうですか/もう/したことが」の疑問文

動詞の原形~(励ましのフレーズ)

「前向きに考えよう!」
Think positive/ positively!

表現のPOINT

positivelyは「確実に/前向きに」等の意味の副詞。
※形容詞positive(確実な/前向きな)での表現も。

「自分を信じよう!」
Believe in yourself!

表現のPOINT

believe in ~で「~の存在を信じる/を信頼する」等の意味。

こちらの質問のクイズにも、是非挑戦してみて下さい。
4択クイズ: 「今日は何曜日? 」の英語は?

4. 「~したい」

want to +動詞の原形

「部屋の模様替えがしたい。」
I want to rearrange my room.

表現のPOINT

want to +動詞の原形で、「~したい」の意味。
rearrangeは、他動詞で「~の位置を変える」等の意味。
※「模様替え」は、redecorate (改装する) / redo (やり直す) / makeover (作り替え) 等での表現も。

wanna +動詞の原形

「靴を脱ぎたい。」
I wanna take off my shoes.

表現のPOINT

wannawant toの略で、「~したい」の意味のくだけた表現。(フォーマルな場面には不向き)
take off one’s shoes/ take one’s shoes offは「(〜の)靴を脱ぐ」の意味。文末の語に焦点が置かれる場合も。
※「靴をはく」はput on等で表現。

「何か甘いものが食べたいな。」
I wanna eat something sweet.

表現のPOINT

something +形容詞で「何か~なもの」等の意味。

【参考: 同様の表現】

「何か冷たいものが飲みたいな。」
→I wanna drink something cold.
 I want something cold to drink.

表現のPOINT

want something + 形容詞 + to 動詞の原形も同様の意味に。

★穴埋めクイズに挑戦!★
「もうその映画を見ましたか?」
→Have you (  ) the movie ( )?

 

答えはこちらですぐ(^^)/
【質問の英語】「何/ありますか/どうですか/もう/したことが」の疑問文

5. 「忘れた」

forgot 〜

「お財布忘れた!」
→I forgot my wallet!

表現のPOINT

「〜(を持ってくるの)を忘れた」の様な行為等の記憶に関する場合、「〜を忘れる」等の意味のforget等で表現。過去形はforgot
※カジュアルな表現では、leaveの代わりに「〜を(…に)置き忘れる」の意味で使われる事も。フォーマルな場面では注意が必要。

「傘持ってくるの忘れた!」
I forgot to bring my umbrella with me!

表現のPOINT

「〜するのを忘れた」は、「forgot to 動詞の原形」等で表現。

「すっかり忘れてた!」
→I totally forgot
 I completely forgot about it!

表現のPOINT

totally/ completelyは、共に「すっかり/完全に」等の意味の副詞。
forget about~は「~について忘れる」等の意味で、この場合のforgetは自動詞。
It slipped my mind!の表現でも。

left 〜

「イヤホンを家に忘れてきた。」
→I left my earphones at home.

表現のPOINT

「〜を…(場所)に忘れた」の様に置き忘れたものの場所を示す場合、「〜を(…に)置き忘れる」等の意味のleaveで表現。過去形はleft
※カジュアルな表現では、forgetが使われる事も。
 ※「〜を家に置き忘れた」は、left 〜 at home等で表現。
homeは名詞で「家」の意味で、「我が家、自宅」等のニュアンスが。
houseは、建物としての「家」等のニュアンス。

「会社に傘忘れた。」
I left my umbrella at the office.

表現のPOINT

at the officeは、一般的な「職場/オフィスで(に)」等の表現に。
in the officeは、「オフィス(の部屋)の中で(に)」等のニュアンスが。

6. 「~したっけ?」

Did I~

「鍵かけたっけ?」
Did I lock the door?

表現のPOINT

Did I + 動詞の原形 ~?で、「~したっけ?」等の意味に。
lockは他動詞で、「〜に鍵をかける」等の意味。

「薬飲んだっけ?」
Did I take my medicine?

表現のPOINT

take medicineで「薬を飲む」等の意味。
※液体の薬の場合、drink medicineと表現する事もありますが、通常はtake〜で。
medicineは原則不可算名詞ですが、種類等の表現には複数形が。
medicationも「薬」等の意味ですが、処方された薬のイメージ。drugは「麻薬」の意味で使われる事も多い為、注意が必要。

What did I~?

「(昨晩)どんな夢見たっけ。」
What did I dream about last night?

表現のPOINT

※「何/どんな~をしたっけ?」との自分への問いかけは、What did I +動詞の原形 ~?等で表現。
※この場合のdreamは「夢を見る」等の意味の自動詞。他動詞では「~(の夢)を見る」等の意味。

What be動詞~?

「彼の名前なんだっけ。」
What was his name?

 

「この歌の名前なんだっけ。」
What was the name of this song?

表現のPOINT

※「~は何だっけ?」との自分への問いかけは、What +be動詞 ~?等で表現。be動詞は過去形での表現が多く見られますが、現在形とするケースも。
※「~の名前」はthe name of ~等での表現も。
※「~を思い出せない」のニュアンスで、I can’t remember ~等の表現も。

【参考】
「彼の名前は何でしたっけ?」
What was his name again?

表現のPOINT

※「~は何でしたっけ?」と人に聞く場合、疑問文の最後にagainを付けて表現が。
be動詞は過去形での表現が多く見られますが、現在形とするケースも。

★穴埋めクイズに挑戦!★
「明日も雨降るのかな。」
→ I (  )(  ) it’s (  ) to rain tomorrow too.

 

答えはこちらですぐ(^^)/
【天候の英語】「曇り時々雨/~の天気は?/最高気温/台風/梅雨」の表現

7. 「思い出す」

「今思い出した。」
→Now I remember.
     I just remembered.

表現のPOINT

remenberは「思い出す」や「覚えている」等の意味。
Now I remember.は「今」に重きがあり、現在形
I just remembered.は「たった今」のニュアンスで、過去形

【参考: 似ている表現】

「それで思い出したよ。」
→That reminds me.

表現のPOINTremindは、他動詞で「(人に)思い出させる」等の意味。

「覚えてないな。」
→I don’t  remember.

 

「思い出せないな。」
→I can’t remember.

表現のPOINT

don’t rememberは「覚えていない」状態で、can’t rememberは「思い出そうとしても思い出せない」等、ニュアンスに違いがあります。

★穴埋めクイズに挑戦!★
「もしそれが本当だったら、あなたならどうする?」
→(  ) it (  ) true, what (  ) you do?

 

答えはこちらですぐ(^^)/
【質問の英語】「何/ありますか/どうですか/もう/したことが」の疑問文

8.まとめ

今回の独り言英語フレーズ集は、どれも日常でよくつぶやくようなものかなと思います。

忘れてしまっても、何度もつぶやいていけばいつかは言い慣れてくるので、気楽にやってみるのみいいと思います♪

独り言英語のフレーズ<第二回目>も、使いやすい表現をピックアップしていきます~。

 

にほんブログ村 英語ブログへ