【独り言の英語】 「しようかな/何を~かな/どうしたら/やっと」の表現

最終更新日

みなさんは、英会話のスピーキングをどう練習していますか?私は最近、頭に浮かぶ事を英語でつぶやく『独り言英語』で、よく練習しています。

なぜかと言うと、頭に浮かぶ内容は似たものが多い、という事に気付いたからなんです。同じ様なフレーズなら、何度もつぶやいていく内に、自然に身につくのではないかと!

私の場合、「~しようかな」や「どうしたら~かな」など、何かを決めようと考えている内容が実に多いです。(私だけでしょうか??)

なぜか、こういう自分自身に問いかける表現って、あまり教科書にはでてこなかった気がきますが…

そんな訳で、今回は「~しようかな」や「〜かな」などの表現を中心に集めてみました!是非、皆さんもつぶやいてみてください^^

 

にほんブログ村 英語ブログへ


1.「~しようかな」

「(今日/今夜等)は〜しようかな」という独り言の表現。

I think I’ll 〜

「今日は家にいようかな。」
I think I’ll stay home today.

 

「今日は早く寝ようかな。」
I think I’ll go to bed early tonight.

 

「今夜はこれを着ようかな。」
I think I’ll wear this tonight.

 

「お昼は麺にしようかな。」
I think I’ll have (/eat) noodles for lunch.
※「noodle」は一本の麺の意味のため、複数形の「noodles」に。
※「即席麺」は「instant noodles」。

表現のPOINT

「eat」は「食べる」行為そのもの、「have」は「食事をとる」というニュアンスの違いがあります。

2. 「何(を)~かな」

まだ決まっていないので、「何を~しようかな」と考えてえいる時の表現。

What am I〜?

「何食べようかな。」
What am I gonna eat?

 

「何しようかな。」
What am I gonna do?

※状況によって「(自分は)どうしたらいいんだ。」等の意味にも。

表現のPOINT

「gonna」は「going to」を短くした表現で、日常会話でよく使われます。
※インフォーマル(正式ではない)な表現のため、注意が必要です。

What should I〜?

「朝ごはん、何食べようかな。」

What should I have/ eat for breakfast?

 

「何と言ったらいいかな?」

What should I say?

 

「何をすべきだったのかな?」
What should I have done?

文法のPOINT

「should have + 過去分詞」で、「~すべきだった」や「~しておけばよかった」等の意味。

What shall I〜?

「何から手をつけようかな。」
What shall I begin with?

I wonder what I should〜

「週末何しようかな。」
I wonder what I should do this weekend.
表現のPOINT

※「I wonder 疑問詞 +S +V」で「~は…かなあ」と自分に問いかける表現に。
I wonder what ~ (~はかなあ)
I wonder who ~ (~はかなあ)
I wonder where ~ (~はどこかなあ)
I wonder when ~ (~はいつかなあ)
I wonder who ~ (~はかなあ)
I wonder why ~ (~はなぜかなあ)
I wonder if ~ (~なのかなあ)
※「wonder」は動詞に「~かなと思う」等の意味があります。

3.「どうしたら~かな?」

どういう方法だったら~ができるかな?という時の表現。

How can I 〜?

「どうしたら語彙を増やせるかな?」
How can I improve my vocabulary?

こちらの質問のクイズにも、是非挑戦してみて下さい。
4択クイズ: 「今日は何曜日? 」の英語は?

4.「やっと」

at last/finally

「やっと週末だ!」
→It’s the weekend at last!
 Finally, it’s the weekend!

 

「やっと着いた。」
→Here I am at last.

 

「探してたものがやっと見つかった。」

→I finally found what I’d been looking for.

文法のPOINT

※「I‘d」は「I had」の略。
※「had been ~ing」で過去完了進行形となり、「(見つかった)その時点までずっと探していた」のニュアンスとなります。

5. 「また~」

何度も同じ様な事がある時につぶやく表現。

〜again

「またやっちゃった。」
→I did it again.

 

「またかー!」
→Not again!

6. 「あった!/いた!」

探している物や人が見つかった時等の表現。

あった!

「そこにあった!」
→There it is!

 

「ここにあった!」
→Here it is!

いた!

「(そこに)いた!」

→There he is! (相手が男性の場合)
 There she is! (相手が女性の場合)

表現のPOINT

目の前の相手に「いたいた!」や「ここにいたんだ!」と言う場合、「There you are!」等で表現。

7.まとめ

独り言は常に頭の中に浮かんでくるので、せっかくなら英語でつぶやけるといいなあと思います。会話の相手がいなくても英会話の練習ができますし、お金もかからないし♪

英語は、何度も何度も同じフレーズを使っていく事で、少しずつ自分の使いやすい言い方になっていくと思います。

いつも英語でと考えていては疲れてしまうので、気が向いた時にほんの少しだけでも、という気楽な気持ちで続けていけばいいのではないかな、と思います~♪

 

にほんブログ村 英語ブログへ