【質問の英語】「どこ/いつ/どんな/どの/何曜日/何日」や「してもらえる?/してもいい?」の疑問文

英語の質問フレーズ・例文の第二回目です。

疑問文は語順を意識しますので、似た表現をまとめて練習する事が疑問文をマスターする近道ではないかと思います。

今回は、『~はどこですか』や『~はいつですか』、『どんな/どの』等の基本的な疑問文から、『何曜日ですか?』や『何日ですか?』、そして~してもらえますか』や『~してもよろしいですか』等の依頼する・許可を求める表現なども、まとめながら載せています。

又、『Am I making sense?』など英語でよく聞く疑問文フレーズも載せています。お好きな洋画や海外ドラマで聞いたフレーズが出ているかもしれません^^

普段よく使う例文などがあれば、是非口に出してみてくださいっ♫

 

1. どこですか?

Where ~?

「どちらのご出身ですか? 」
Where are you from? 
 Where do you come from?

表現のPOINT

Where are you from?は、相手の出身を聞く一般的な表現。
答え方はI’m from (   ).等で、文脈により国名都市名等で。
Where do you come from?は、この国ではない出身地のイメージも強く、移民の多い国等様々な背景により、失礼な印象を与えるケースも。
Where did you come from?の場合、「(今)どこから来たの?」というニュアンス。

「トイレはどこですか? 」
Where is the restroom?
 Where is the bathroom?

表現のPOINT

※公共のトイレの場所を聞く場合はrestroom等、個人の家での場合はbathroom等の傾向。(個人の家以外でもbathroomの使用も)
toiletは「便器」等の意味であり、米ではこの質問には使われない傾向。(英では使用も)

「どこに旅行に行きたい? 」
Where do you want to travel?

 

「それどこで買える? 」
Where can I buy that?

2. いつですか?

When ~?

「いつが都合がよろしいですか? 」
When would (it) be convenient for you? ※柔らかくとても丁寧
 When will be convenient for you? 
 When is convenient for you?
 When is good for you? ※とてもカジュアル

表現のPOINT

※文法的には形式主語のitが入りますが、当フレーズでは省略される傾向。
convenientは「都合がいい/便利だ」等の意味。主語が人にならない点に注意。
When would you be available?も同様の意味で、availableは「手が空いている」等の意味。
When would suit you?も同様の意味で、suitは他動詞で()に都合がよい」等の意味。

「仕事納めはいつですか?」
When is your last working day this year.

 

「冬休みはいつからですか? 」
When does your winter vacation start?

What time ~?

「何時にそこにいないといけないの?」
What time are you supposed to be there?

表現のPOINT

What time~?は「何時に」と時間を具体的に示した聞き方。

be動詞 + supposed to 〜は「〜することになっている」や「〜しなけらばならない」等の意味。

「いつも何時に仕事が終わりますか? 」
What time do you usually get off work?
 What time do you usually finish work?

表現のPOINT

get off/ finish workは、「仕事を終える」等の意味。
get off〜には「〜から離れる」や「〜(電車やバス等)から降りる」等様々な意味が。
(車やタクシー等から降りる場合は、get out of the carの様に、get outでの表現が一般的)

★穴埋めクイズに挑戦!★
「少し昼寝をするね。」
→ I’m gonna (  ) a (  )(  ).

 

答えはこちらですぐ(^^)/
【体調の英語】風邪をひいた/調子が悪い/目が疲れる/花粉症/鼻水が出る/睡眠/のどの調子の表現

3. どんな~ですか?

What kind of ~?

「あなたはどのような人ですか? 」
What kind of person are you?

表現のPOINT

What kind of personで、「どの様なタイプの人」等のニュアンス。
How do/ would you describe yourself?も同様の意味。describeは、他動詞で「(〜を)描写/説明する」等の意味。
What are you like?も同様の意味がありますが、「なんて(ばかな)人なの?」の様な否定的な意味でも使われる(主にイギリス)ため、注意が必要。

「どんな映画が好きですか? 」

What kind of movie do you like?
What kinds of movies do you like?
What kind of movies do you like?

表現のPOINT

What kind(s) of ~?は「どんな種類/タイプの~」等の聞き方。
kind(s)の代わりにtype(s)等でも。
※可算名詞の単数形or複数形は、
・一つの種類を想定の場合、what kind of 単数形
・複数の種類を想定の場合、what kinds of 複数形
・口語では、what kind of 複数形も使われる傾向。(様々な種類の中での一つの種類、等の見方も)

What + like

「どんな味がするの? 」
What does it taste like?

表現のPOINT

※ここでのlikeは、「〜のような/に似た」等の意味。
tasteは、自動詞で「(〜の)味がする」等の意味。
taste like +名詞で、「〜の様な味がする」等の意味。likeの後は名詞である点に注意。

【似た表現】
「味はどうですか?」
→How does it taste?

表現のPOINT

How does it taste?は、おいしいかそうでないか等を聞くニュアンス。
taste +形容詞で、「〜の味がする」等の意味。

「例えばどんな/何? 」
Like what?

表現のPOINT

※具体的な例が聞きたい時のカジュアルな表現。
※ここでのlikeは、「(例えば)〜のような」等の意味。

4. どの~ですか?

Which + 名詞

「どの野球チームのファン(一番好き)ですか?」
Which baseball team do you like (the) best?
 Which baseball team do you like (the) most?

 

「どの国が一番好きですか? 」
Which country do you like (the) best?
 Which country do you like (the) most?

表現のPOINT

Which ~は、限られた選択肢の中から「どの~」と聞くニュアンス。What ~で聞く事も。
※「一番好き」はlike (the) besttやlike (the) most等で表現。
like (the) best/mosttheは、主に米にて。

【参考: 似た表現】
「どのサッカーチームが一番好きですか?」
Which is your favorite soccer team?

表現のPOINT

Which is your ~?は、限られた選択肢の中から「どれ」と聞くニュアンス。What is your ~?で聞く事も。
favoriteは「一番好きな」等の意味。
※「サッカー」は、主に英ではfootballが使われますが、米ではsoccerの傾向。(footballは、米ではアメリカンフットボールの意味が)。

What + 名詞

「学校でどの教科が得意でしたか? 」
What subject(s) were you good at in school?

表現のPOINT

subjectは「教科/科目」等の意味。複数科目を想定の場合、複数形のsubjectsとなる傾向。
be good at~で「~が得意/上手だ」等の意味。
in schoolは「在学中で」、at schoolは「学校で/にいて」等の意味。(どちらもat schoolで表現のケースも)

【参考】
「数学が得意でした。」
→I was good at mathematics/ math.

表現のPOINT

【教科/科目の表現】
国語:Japanese
数学:Mathematics (Math)
算数:Arithmetic
英語:English
理科:Science
化学:Chemistry
物理:Physics
社会:Social studies
歴史:History
地理:Geography
家庭科:Home economics
道徳:Moral education
美術:Art
音楽:Music
体育:Physical Education (P.E.)

5. 何時間/何分/どのくらい

How many + 名詞

「夜はいつも何時間寝ていますか? 」
How many hours do you usually sleep at night?

表現のPOINT

how many hoursで「何時間」の意味。
usuallyは「普段は/いつもは」等の意味の副詞で、習慣の表現に。alwaysは「常に」等のニュアンス。
at nightは「夜に/夜間に」等の意味。

「(あと) 何分かかりますか? 」
How many minutes will it take?

表現のPOINT

how many minutesで「何分」の意味。
it takes + 時間 (+ to 動詞の原形)で「(~するのに)…かかる」等の意味。
※文脈によって、「あと何分?」のニュアンスに。

〜 does it take?の場合、「通常何分(位)かかりますか?」の様なニュアンスに。

「元日に年賀状何枚きた? 」
How many New Year’s cards did you get on New Year’s Day?

表現のPOINT

※「年賀状」は他にNew Year’s greeting cardNew Year’s postcard等でも。
※「元日/元旦に」はon New Year’s Day、「大晦日に」はon New Year’s Eve

How long ~

「そこへ行くのにどれ位かかりますか? 」
How long does it take to get there?

表現のPOINT

how longは「(時間/期間等が)どのくらい」等の意味。
how long does it take to 動詞の原形で、「~するのにどれ位時間がかかりますか」等の意味。一般的に(/通常)かかる時間等を聞くニュアンス。
get thereは「そこに到着する」等の意味。

6. 何曜日/何日ですか?

何曜日ですか?

「今日は何曜日ですか? 」
What day is it today?

表現のPOINT

※「何曜日ですか?」は、What day ~?等で表現。

何日ですか?

「今日は何日ですか? 」
What’s the date today?
 What’s today’s date?

表現のPOINT

※日付の「何日ですか?」は、What’s the date ~?What is today’s date ~?等で表現。

★穴埋めクイズに挑戦!★
「昨日夜更かしした。」
→I (  )(  ) late last night. 

 

答えはこちらですぐ(^^)/
【時間の英語】時計の読み方/~時~分/年月/残り時間/ぶり/間に合う/早い遅いの表現

7. ~してもらえますか?

Can you ~?

「電話に出てもらえる? 」
Can you answer the phone?
    Can you pick up the phone?

表現のPOINT

Can you 〜?は「〜してもらえますか?」と聞くカジュアルな表現。フレンドリーな印象が。
answer the phoneは「電話に答える/ 応じる」、pick up the phoneは「受話器を取る」等の意味。

「あとでかけ直してもらえる?」
Can you call me back later?
 Can you call back later?

表現のPOINT

call ~(人) backで「~に電話をかけ直す」の意味。call backも同様の意味。
laterは「後で」等の意味の副詞。

【参考: 電話関連の表現】
「電話が鳴っています。」
→The phone is ringing.

表現のPOINT

ringは、自動詞で「(電話/ベル等が)鳴る」等の意味。

関連表現「10分後にかけ直してくれる?」

はこちら⇒【時間の英語】時計の読み方/年月/残り/ぶり/間に合う/早い遅いの表現

「少し後ろに下がってくれる? 」
Can you move back a little?

表現のPOINT

move backで「後ろに下がる」等の意味。move ~backでは「~を後ろに下げる」等の意味に。
moveは、自動詞で「動く/移動する」等の意味。
backは、副詞で「後ろへ/元(の場所)へ」等の意味。
move backの代わりに、step backの表現も。stepは自動詞で「(足を)踏み出す」等の意味。
a littleは「少し」等の意味。a bita little bitも同様の表現で、より口語的。

Can you ~(とってくれる)?

(食卓で)「お醤油をとってくれる? 」
Can you pass me the soy sauce?

表現のPOINT

passは他動詞で「(人に)~を渡す」等の意味。取る物が、食卓等近い場所にある場合に使われる傾向。「〜を(手)渡す」等の意味のhandでも。
※親しい友人等にカジュアルに「〜とって」と言う時は、Pass me the ~でも。強い口調に聞こえないよう注意が必要。
※丁寧な表現には、文末にpleaseをつけたり、Can youの代わりにCould you ~?等で。

「リモコンとってくれる?」
Can you pass/ grab/ get me the remote?

表現のPOINT

grabは「つかむ」等の意味ですが、grab me the 〜で「〜をとって」のカジュアルな表現に。
getは、他動詞に「(人に)〜を取ってくる」等の意味が。取る物が近くにない場合に使われる傾向。
※動詞は、「〜を持ってくる」等の意味のbring等でも。
※リモコンはremoteremote control等で表現。

★穴埋めクイズに挑戦!★
「 1時間待たされた。」
→I (  )(  )(  ) wait for an hour.

 

答えはこちらですぐ(^^)/
【時間の英語】時計の読み方/~時~分/年月/残り時間/ぶり/間に合う/早い遅いの表現

Can you ~(捨てて/拾って)?

「これを捨ててくれる? 」
Can you throw this away for me?

表現のPOINT

throw awayは「捨てる」等の意味で、this等の代名詞は、throw this awayの様に間に置かれる傾向。
※throw awayの代わりに、throw outでも同様の意味に。
for meをつけると「私のために」というニュアンスが加わります。

「ごみを拾ってくれる?」
Can you pick up the trash?

表現のPOINT

pick up~/ pick ~upで「~を拾う/持ち上げる」等の意味。
trashは「ごみ/くず/がらくた」等の意味で、紙くず等の乾いたごみのイメージ。主に米で。
【他の表現: ごみ】
garbageは生ごみ等のイメージで、主に米で。
rubbishは主に英で使われ、garbagetrashと同様の意味。
litterは、(路上等)公共の場所に散らかったごみのイメージ。

Can you ~(つけて/消して)?

「電気をつけてくれる? 」
Can you turn on the light(s)?

表現のPOINT

turn on 〜/ turn 〜onで「(テレビ/電気等)〜をつける」等の意味。onは前置詞ではなく副詞。
it等代名詞の場合は、turn it onの語順に。
lightは「光/電灯」等の意味。

「テレビを消してくれる? 」
Can you turn off the TV?

表現のPOINT

turn off 〜/ turn 〜offで「(テレビ/電気等)〜を消す」等の意味。offは前置詞ではなく副詞。
it等代名詞の場合は、turn it offの語順に。
※「テレビ」はTVtelevision等で表現。
※「テレビを見る」の場合は、TVの前にtheは付けずwatch TV等と表現する傾向。theが付くと、テレビそのものを見るイメージに。

Can you ~(強弱/上げ下げ)?

「エアコンを強めてもらえますか?」
Can you turn up the AC?

表現のPOINT

turn up/ down the ACは「エアコンを強める/弱める」等の意味。温度の上げ下げではない事に注意。
turn 〜 up/ downの語順でも。it等代名詞の場合は、turn it up/ downの語順に。
the ACthe air conditionerの略。

「ラジオの音量を下げてもらえますか?」
Can you turn down the radio?

表現のPOINT

turn up/ down the radioで「ラジオの音量を上げる/下げる」等の意味。
turn 〜 up/ downの語順でも。it等代名詞の場合は、turn it up/ downの語順に。

turn down the TVで「テレビの音量を下げる」、turn down the volumeで「音量を下げる」等の意味に。

★穴埋めクイズに挑戦!★
「 肩こった。 」
→ I have (  )(  ). 

 

答えはこちらですぐ(^^)/
【体調の英語】風邪をひいた/調子が悪い/目が疲れる/花粉症/鼻水が出る/睡眠/のどの調子の表現

Could you ~?

「お願いがあるのですが。」
Could you do me a favor?

表現のPOINT

Could you~?は「〜して頂けますか?」等の丁寧な表現。
do 人 a favorで、直訳では「(人)に親切な行為をする」等の意味に。
favorは、可算名詞で「親切な行為」等の意味が。主に英では、favourのつづりに。
※丁寧なニュアンスでは、Would you〜の表現も。Can you〜でカジュアルに。

「暖房をつけて頂けますか? 」
Could you turn on the heater, please?

 

「もう少しゆっくり話して頂けますか?」
Could you speak a little more slowly?

 

「もう一度言って頂けますか?」
Could you say that again?

★穴埋めクイズに挑戦!★
「洗濯日和だね! 」
→ It’s a (  ) day for (  )!

 

答えはこちらですぐ(^^)/
【天候の英語】「曇り時々雨/~の天気は?/最高気温/台風/梅雨」の表現

8. ~してもいいですか?

Can I ~?

「ちょっと聞いてもいい? 」
Can I ask you something?

表現のPOINT

Can I〜?は「してもいい(ですか)?」と聞く、親しい間柄等でのカジュアルな表現。

「味見してもいいですか? 」
Can I taste it/ this?
 Can I try it/ this?
 Can I have/ try a taste?

表現のPOINT

tasteは、他動詞で「(〜を)味わう/味見する」等の意味。
have/ try a tasteは「味見をする」等の意味。この時のtasteは名詞。

「一口もらってもいい?」
Can I have a bite?(食べ物)
 Can I have a sip? (飲み物)

 

「それぞれ一つずつもらえますか? 」
Can I have one of each?

May I ~?

「(ひとつ)お願いしてもよろしいですか?」
May I ask you a favor?
 May I ask a favor of you?

表現のPOINT

ask 人 a favor、及びask a favor of 人で、「(人)にお願いをする」等の意味。
favorは、可算名詞で「親切な行為」等の意味が。主に英では、favourのつづりに。
Can I〜で、カジュアルなニュアンスに。

「質問をしてもよろしいですか? 」
May I ask you a question?

表現のPOINT

May I~?は「~してもよろしいですか?」と相手に許可を求める丁寧な表現。

【参考:似た表現】

「質問をさせて下さい。」
→Let me ask you a question.

★穴埋めクイズに挑戦!★
「明日も雨降るのかな。」
→ I (  )(  ) it’s (  ) to rain tomorrow too.

 

答えはこちらですぐ(^^)/
【天候の英語】「曇り時々雨/~の天気は?/最高気温/台風/梅雨」の表現

Do you mind ~?

「チャンネルを変えてもいい? 」
Do you mind if I change channels?

表現のPOINT

Do you mind if~?の直訳は「〜したら気になりますか?」等で、「〜しても構いませんか?」の様なニュアンス。
mindは、自動詞で「嫌がる/気にする」等の意味。

9. 英語→日本語

What’s the matter?
→「どうしたの?/どこか具合が悪いの?」

 

Are we on the same page?
→「同じ認識ですか?」

10. 他

「(ここまで)話についてきていますか? 」
Are you with me (so far)?※カジュアルな表現。
 Do you follow me (so far)?※目上の方等へは不向き。

表現のPOINT

※「ここまで理解していますか?」等のニュアンス。
so farは「ここまで/今までのところ」等の意味。

「(私の説明で)ご理解頂けましたか? 」
→Am I making sense?
 Does it/that make sense?
 Make sense?(カジュアル)
※「Do you understand?」よりも柔らかいニュアンスに。

 

「つまりどういう意味? 」
→What’s that supposed to mean?
※不快感を示すフレーズのため注意が必要。

 

「お花見に行きませんか? 」
→Why don’t we go cherry blossom viewing?

 

11. まとめ

いかがでしたか?

すでに自分に身に付いた言い方があると思いますが、ひとつづつでも新しいフレーズを試していくと、話し方のバリエーションを増やすのに良いかと思います。

又、疑問文の練習は、自分だったらどう答えるかも一緒に考えると一石二鳥ですね。

「母国語の様に英語を話せる様になる」等、それぞれの目標に近づける様、一緒に英語学習を楽しくがんばっていきましょう♪

 

にほんブログ村 英語ブログへ